« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

ビフォアーサンセット

オススメされた映画その1

ビフォアーサンライズの続編ということだったのに間違えて先に9年後の再開をみてしまうというΣ(゜д゜lll)

そしたらめちゃくちゃいいじゃん、9年前に何があったかはもういいわとなってしまったのです。

再開から終始会話を続けるというだけなのに全然飽きない。

二人の今の生活が少しずつ少しずつ見えてきて、またくっつくのかどうかハラハラしながら、そして終わってしまった・・・

喫茶店でとなりの席にいた二人の会話が興味深くてついついつられて店を出てしまう感じ。

も一回みよかなー♪( ´▽`)

感受性。

今日のテーマでした。

なかなか難しい(。-_-。)うーん。

優しさ、思いやりから生まれるもの。

美しいものをみて感動する心
悲しんでいる人をみて同じように涙する心
対象があってこそ生まれる心をもっと大切にしなければ。

今日のWSは感情が高まるシーンの抜粋。
心がなければ何も伝わらない。
なんとなくとはいかないシーン。
正直やれる自信がなくて人の芝居を見てたけど、やっぱり難しい。
泣こうとしてる芝居であったり、悲しんでる芝居。
こういうのは明らかにバレる。

そしたら1人、本当に悲しんでる人がいた。

すごい集中力Σ(゜д゜lll)
でも本番だったらこれが当たり前なんだと再認識。

これがプロだわ。

まさに。

そしてヘコむ私。

久々舞台じゃ

ペテカン。
楽日見てきましたー。

ほんっとエンターテイメント!!

グッとしめて、ふわっと揺るませる。
ペテカンの会話の行き来がすごく好きです(^^)
みんな好き勝手。
この言葉はぴったりくるなぁ。みんな好き勝手。
なのに絶妙。
絶妙な間とやりとり。


ちなみに私は舞台が始まる直前、暗転になって音楽がMAXに上がる瞬間が物凄く鳥肌がたつのです。

ゾクゾクしてたまらんですね♪( ´θ`)ノ

今日で終わりなんだーなー。

せんせいあのね。

フルフルのWS。
最近、人前で芝居をするのが怖かった。

緊張して、肩にテンションかかって。
自分が何やってるかまったくわかんない状態。
まさに芝居もくそもない。

エリさんはお医者さんみたいだ。役者をほぐしてくれるひと。
エリさんに主治医になってもらって、デキルオンナになりたいなぁと。

セリフが自分の頭と心を通って相手に投げられた時、で、返ってきた時。

気持ちえぇやんー♪( ´▽`)

当たり前のはずの久々の感覚にしびれちゃったりして。

悪い緊張は集中力がないから現れる。
集中して楽しんだらいい。

っていう初歩的なことに気付いた今日この頃。
やばい、今までなにやってたんだろ。

地震があって。

自分には何をすることもできず、ブログにしょうもないことしか書けない自分があほらしくて。

2ヶ月以上たって、もうすっかり被災地が遠い国のようなニュースとの距離感。

現実。

それでも私は東京にいて、無事だったから精一杯生きないと。
生かされていることに感謝しないと。


谷川俊太郎の
生きる
という詩をこの間聞きました。

以前に読んだことがあったけど、改めて今。

読んで欲しい。

そして私はまた私なりに考えて、考えを言葉にする練習をしていきたいと思う。

芝居をする身であるのに、実はそんな根本的なことができていない。

恥かいてもいいから、もっとぶつかってみようと思う。

そんな感じ。

今日もめちゃくちゃだけど。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ