« 貴重 | トップページ | DVD »

初。

チェルフィッチュの舞台を見てきました。

前日に存在を知って、なんか面白そうだとなったのはいいけど、凄い人(゜□゜;
当日券に並んだのは新感線の舞台以来だった。

結局立ち見まで出る始末です。

正直、難しいことはよく分からないし、真意みたいなものは知ったこっちゃないんだけど、

ただ

おかしかった。

独特の話し方と独特の動きで進む舞台は、
普通ではなくて、
じゃあ普通ってなんだと言われれば、

つまらない自分に気付き、
そういえば何でもいいよな。何しても。

と拓けた心になる。

帰りがけ、何度も真似しようとしても出来ない動き、うまく言えないセリフ。

きっと動きもセリフも見えない型にはまっているものなんだろうけど、
チェルフィッチュの舞台に型なんてなかった。


もう一度見たい。

そう思わされる作品でした。

« 貴重 | トップページ | DVD »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 貴重 | トップページ | DVD »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ