« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

かぞく

かぞく
今日明日。

までです!!

KAKUTA「めぐるめく」
シアタートラムにて。

バラバラの家族があるきっかけで集まって家族旅行をする。

それはたった1・2日の出来事で。

またバラバラになってしまう家族。
でもそれぞれみんなの想いは変わっていて。

家族って不思議な縁。
血の繋がりだけじゃないけど、縁って本当に不思議なものです。

笑ったり泣いたり怒ったり、感情が揺れまくる舞台でした。

初めてみたけど
KAKUTAの舞台は「笑う」が凄く印象的。

それは楽しいだけの笑いじゃなくて。

心に響く舞台でした◎◎

いつもの道

いつもの道
こいつらめっちゃ可愛いくないですか?

渋谷六本木新宿葛西臨海公園東京

渋谷六本木新宿葛西臨海公園東京
渋谷六本木新宿葛西臨海公園東京
ちぃと一緒の二日間。

あれしてこれしてあれ見てこれ見て。

満足・満腹の二日間でした〜。

ちぃはもの凄く動き回るようになって、写真がブレるので寝てるときだけ撮ることにしました。

おっきくなってほしいけど今のちびっこいちぃのままでいてほしい気もしたりなんかして。

お母さんになってもそういう風に考えることもあるのかなぁ。
お母さんになるって近いようでまだまだ未知の世界です。

最年少の私は(ちぃを抜いて)本当にごちそうになりっぱなしで、東京観光に来たファミリーを案内するでもなく、ただ連れ添っただけという。

いつか恩返しが、できたらなぁと。

近い将来。

DVD

DVD
マックパンマン。

あまりにもかわいくて目を作ってしまった( ̄∪ ̄)

ちなみに一人マックの時ですが何か。

さて。

「ブラック会社に勤めてるんだがもう俺は限界かもしれない」

見ました?

どんな映画かとか、なんの情報もないまま見たんです。

あれよあれよと引き込まれちゃいました。

いい話なんです。

おちゃらけてるようで、

そう、最初は

コントかよ。

と思って甘く見てたら。

なんかいい話で。

泣けちゃったりなんかして。

ストーリーが良かったのか、役者が良かったのか、演出が良かったのか、
まぁ全部いいんだろうけど、あまりにも期待を裏切られた悔しさから、もう一度見てやろうと思います。

イヒヒ。

初。

チェルフィッチュの舞台を見てきました。

前日に存在を知って、なんか面白そうだとなったのはいいけど、凄い人(゜□゜;
当日券に並んだのは新感線の舞台以来だった。

結局立ち見まで出る始末です。

正直、難しいことはよく分からないし、真意みたいなものは知ったこっちゃないんだけど、

ただ

おかしかった。

独特の話し方と独特の動きで進む舞台は、
普通ではなくて、
じゃあ普通ってなんだと言われれば、

つまらない自分に気付き、
そういえば何でもいいよな。何しても。

と拓けた心になる。

帰りがけ、何度も真似しようとしても出来ない動き、うまく言えないセリフ。

きっと動きもセリフも見えない型にはまっているものなんだろうけど、
チェルフィッチュの舞台に型なんてなかった。


もう一度見たい。

そう思わされる作品でした。

貴重

貴重
三谷幸喜さんは戯曲を出版しない派らしい。

そういえば見たことないなぁと思ってたら

「オケピ」

ありました。

戯曲賞をとったから出版せざるを得なかったそうです。

まったくの会話劇。オケピだけに歌も挟まってるけど歌はすべて心の声を歌にのせてる。

だからみんなそれぞれ言いたい放題。ひとつのことをやってるようでみんなバラバラなのが面白い。

日常ってそうだよな〜って。電車の中でみんなの心の声をオンにしたら面白くなるなぁ絶対。

バタバタといろんな問題が起こって、しかもそれがステージで行われているミュージカルとは何にも関係ない問題で。

登場人物みんなのキャラクターが強い作品。ト書きも少ないけど自由な登場人物たちの動きが見えてくる感じ。

初演の役者さんはコンダクターが真田広之さん。
私の真田広之さんのイメージではなかったのでびっくりです。

勝手に役所広司さんとばかり思って途中から本読んでたし。もしくは三谷さん。

だから余計にDVDでもあれば見たいのだけれど、初演はDVD化されてないそうです。ショック(+_+)

戯曲でこんなに面白いんだから舞台はこの何倍も面白いんだろうな〜。
機会があれば見よう。

それがオケピ!!

青いデカイの

かなり遅ればせながらの

アバター

です。

前日のバドミントンで筋肉痛の身体には、2時間半じっとしているのはキツかった(´Д`)

でもでも最後の戦争さながらのシーンは迫力大で、ハラハラさせられました。

映画館で3Dを見てたらきっと酔ってしまってます、私。それほど奥行きのある映像でした。

初めは気持ち悪かった青人間も、いい奴じゃん。と慣れてきたし。

髪の毛の先のモジャモジャを結びつける絆の儀式はETみたいで面白いからみんな流行らせましょう。

絆ゴッコ。

とにかく刺激的な作品だった〜。

次はまったりしたのを見よ〜ぅ。

処女作

処女作
ぽくない?ぽくない?
初めてにしてはなかなか可愛いブラウスじゃない?

本当は長袖がよくて作ったんだけど、肩がムチムチになって失敗したから半袖にチェンジ。

また違う布でリベンジします。

ちゃんとした型紙でやればいいのに、いつもアレンジを加えて失敗して。

試行錯誤でやっと出来たのがコイツ。
実はまだまだ前にもいろいろいるんだけど。

懲りずにまた冒険してしまうけど、なるべく型紙通りにやらねばな〜。

行きと同じ道で帰りたくないタイプです。。。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ